専門性の高い仕事に就く|会計士に転職するときのコツとは

男の人
  1. ホーム
  2. 財務部への就職

財務部への就職

ウーマン

財務の仕事

一般企業で財務部の仕事をするには、高い倍率を勝ち抜いて就職を勝ち取る必要があります。なぜなら、財務関係の仕事をする人は一般企業の中でも出世コースと言われているからです。企業のお金の流れをすべて把握し、それを経営に活かしていくのが仕事ですから優秀でないと務まりません。どんな人が一般企業の財務部門の仕事をするのかというと、公認会計士の資格を持っている人や、大学や専門学校などで経理の勉強をしてきた人が多くなります。このような事情がありますので、一般企業の財務の仕事をするなら公認会計士の資格を取ってください。なかなか取得が難しい資格のひとつですから、並大抵の努力では受かりません。一般企業としても、この努力ができる人を求めているのです。まずは、合格者を多く排出している予備校に通って公認会計士の資格に合格してください。そうすれば、財務の仕事に就きやすくなるからです。もちろん、一般企業に就職してから公認会計士を目指すこともできます。働きながらであれば経済的には問題がないというメリットがあります。しかし、勉強する時間が限られてくるので効率的な学習が必要となります。そのような観点からも、人気となっている予備校に入学してください。パンフレットを配布していたり、ホームページで詳しく説明している予備校がほとんどです。学校説明会にも積極的に参加するとよいでしょう。知識を身に付けるだけでなく、経験を積んで求められる人材を目指してください。